F-siteセミナーに参加してきました。


ClockMaker Blog/F-siteのセミナーに行ってきました

こちらの記事を読んでいただくと、内容が大体お分かりになると思います。

僕が参加した目的は、コンポーネントベースでのProgressionを使用した時の、スクリプトの書き方について学びたかったからです。

ただ、Progressionのお話は、40分しか与えられてなく、nium先生もこのように発言されているように、もっと聞きたかったなーっと思いました。

ということで、まだ、まとまりきってなくてデモもないのですが、概要だけをメモとしてまとめておきます。


  • フレームアクションを書きたいシンボルのリンケージ設定の基本クラスにjp.progression.casts.CastMovieClipを指定する。
  • シーンエディタでキャストを追加する際、リンケージ設定したクラスを指定する(基本クラス名ではない)
  • CastMovieClipに指定したシンボルの第一フレームにonCastAdded=function():void{} onCastRemoved=function():void{}を書くことで、シーン遷移時のアクションを記載できる。(特に非同期処理で役に立ちそうです。)

詳しくは、ココからセミナーのサンプルをダウンロードするのが良いかともいます。


僕は、一応クラスベースでProgressionしていきたいと思っているのですが、タイムラインで遊びたいという思いもあるので、どうやって連携すればよいかがイマイチ分からなかったのですが、セミナーでなんとなく分かったような気がするので、次の記事あたりでメモしたいなと思います。


nium先生お疲れ様です。