Papervision3Dが使えるようになりたいメモその7_MovieMaterialでなんか面白い表現ができた。


f:id:bao_bao:20081109165108j:image

Papervision3DでMaterial関連を勉強しています。

今日は、MovieMaterialクラスを使ってみようとして、偶然見つけた表現についてのメモ。


MovieMaterialをCubeに適用する部分のソース

var mc:MovieClip = getMC();
var material:MovieMaterial = new MovieMaterial(mc, true);
material.smooth = true;
material.doubleSided = true;
material.interactive = true;

cube = new Cube(new MaterialsList( { all:material } ), 300, 300, 300);
mainContainer.addChild(cube);

graphics.drawEllipse(0, 0, 100, 3)第3引数と、第4引数の値を極端に差をつけると意図しない表現が出来ます。

この数値は、あくまで例ですが、3を2にするだけで全然違う表現になります。

private function getMC():MovieClip
{
	var mc:MovieClip = new MovieClip();
	var sp:Sprite=new Sprite();
	sp = new Sprite();
	sp.graphics.beginFill(0x0066cc);
	sp.graphics.drawEllipse(0, 0, 100, 3);
	sp.graphics.endFill();
	sp.alpha = 0.5;
	
	mc.addChild(sp);
	return mc;
}

以下Flash。ちょっと重いです。